お倉ヶ浜ビーチハウス内にサーモセンサー(検温器)を設置しました。


新型コロナウイルス対策の一環として、お倉ヶ浜ビーチハウス内(通路南側)にサーモセンサー(検温器)を設置し、令和2年11月16日から運用を開始しました。


本サーモセンサーは、赤外線によりカメラの前を通過した人の体温を測定するもので、37.5度以上の体温を感知すると、音と画面表示でお知らせします。
発熱や体調不良のある方は、ビーチのご利用をお控えください。
画面には体温の表示はありませんので、音と画面表示がない場合そのまま通過してください。


すべての方が安心してお倉ヶ浜を利用していただくため、ビーチハウス内での検温にご協力いただきますよお願いいたします。

20201116_094913