世界ジュニアサーフィン選手権の発表記者会見が行われました!


7月20日、本市お倉ヶ浜海岸で実施される「2017 VISSLA ISA 世界ジュニアサーフィン選手権」の発表記者会見が東京都で行われ、本大会の日本代表選手、男子8名・女子4名の計12名が発表されました。

本大会アンバサダーに就任したオリンピック競泳メダリスト松田丈志氏から選手たちにエールが送られ、

大会会長である十屋日向市長は「松田さんは、本県出身のメダリストでもあり、今回、アンバサダーを引き受けてくれたことは非常に心強い。大会まで残り2ヶ月、松田さんとともにおおいにこの大会を盛り上げていきたい」と話しました。

ジュニア世代からの新たなヒーローやヒロインの誕生を期待するとともに、2020年東京オリンピック代表も視野に入る各国の俊英たちがみせる最先端のサーフィンと日本勢の活躍に注目が集まります。

 

【開催概要】
大会名称 :2017 VISSLA ISA 世界ジュニアサーフィン選手権
開催期日 :2017年9月23日(土)~10月1日(日) =9日間=
開催場所 :宮崎県日向市お倉ヶ浜海岸
主  催  :国際サーフィン連盟(ISA)
主  管  :2017 VISSLA ISA 世界ジュニアサーフィン選手権実行委員会
参加国数 :約50ヶ国600人以上(予定)
参加選手 :18歳以下男子(各国4名以内)、18歳以下女子(各国2名以内)
16歳以下男子(各国4名以内)、16歳以下女子(各国2名以内)※各国最大12名

大会公式サイト:http://www.isasurf.org/events/isa-world-junior-surfing-championship/IMG_5088